友人・知人からのキャッシングもよくあるケースです。

友人・知人からのキャッシングと問題点

友人・知人からのキャッシングもよくあるケースです。困ったときにお互いに融通しあっている、何とも
ほほえましい友人もいますが、多くの場合は、借りる方と貸す方が決まっている場合が多いようです。
友人間の借金では、契約書など作らないのが通常でしょう。したがって、金利もとらない場合が多く、
次回の給料やボーナスで返済するという口頭の約束が多くなります。借主としては、ついついその
友人に甘えて、返済も滞りがちになるケースがあります。しかし、どんな友人でも、いずれは、こうした
借金を続けていれば、嫌気がさして、お金を返してくれということになるでしょう。こうした事態にいた
れば、二度と貸してくれなくなります。こうして、友人を失えば、後は、消費者金融などの高利の借金
をするしかなくなります。友人という、かけがえのない財産を失うことになります。いくら友人だからと
いって、踏み倒そうなどと考えるのはよくありません。友人・知人からのキャッシングは、その人の好意で
貸してもらうことになるのですから、無利息で返済期日についても定めていない場合が多く、後々
トラブルとなることがあります。

 

@利息を定めていない場合
利息を支払う約束がなければ、借主は利息の支払義務はありません。また、利息を払う約束だけはして、いくらの金利にするかが定まっていない場合には、年五%の法定利率による利息を支払うことになります。
ただし、商人問の貸し借りでは、利息の約束がなくても、年六%の金利を支払うことになっています。

 

A返済期日を定めていない場合
一定の期間(二日〜一週間)をおいて、返済して欲しいという催告があれば、借主は返済をしなければなりません。
返済をしなければ、法定利率による遅延損害金を支払わなければなりません。
また、財産の差押えをされることもあります。