キャッシングの相手は慎重に選ぶ必要があります。

キャッシングの相手は慎重に選ぶこと

キャッシングの相手は慎重に選ぶ必要があります。友人・知人からキャッシングする場合でも、悪質な相
手になると、貸した後に法外な利息を請求してくることもあります。油断は禁物です。キャッシングの順序
は、通常の考えでは、@親・兄弟などの身内、A友人・知人、H公的金融機関、C民間金融機関、
D消費者金融、と思っていればよいでしょう。

 

@の親・兄弟、Aの友人・知人は、無利息の場合が多いでしょう。しかし、金銭貸借の契約書はきちっ
と作っておくべきです。そして、親・兄弟といえども返済は契約どおりに必ずするようにしましょう。そうしな
いと、借金がいかに大変なことか、分からずじまいになるからです。

 

身内からのキャッシングでは、通常、心配してくれる相手ですので、何に使うのかを問われることが多いで
しょう。こうした場合には、嘘をつきたくなるものですが、決して嘘はつかないことです。一度嘘をつけば、
また嘘をついて、借金を重ねることになり、こうした嘘はいずればれてしまうことになります。

 

また、キャッシングの目的をはっきり話すことによって、不要な借金であれば、自分の反省ともなるから
です。よくある破産のパターンは、身内や友人などから借金をして、それでもお金が止りなくなり、消費者
金融から借金するというものです。こうした場合、行き詰まるのも早くなります。というのは、金利がかから
ない身内などの借金に比べて、消費者金融の元利の支払は、当然きついはずです。身内や友人から
借金ができなくなつた段階で、すでに経済的には、破綻していると考えるべきです。

 

確かに消費者金融は親などの身内と違い、キャッシングの理由も開かず、簡単に貸してくれます。
しかし、金利も高く、取立ても厳しいのです。