銀行口座は誰もが日常で利用しているのに、意外とサービスを活用していない人が多いようです。使いこなし法を...

振込手数料もバカにならない!ATM手数料を8000円以上節約!

銀行口座は誰もが日常で利用しているのに、意外とサービスを活用していない人が多いようです。使いこなし法を見てみましよう。Sさんは、メイン口座は三井住友銀行で、給与振り込み、公共料金やクレジットカードの決済、家賃の振り込み、現金を下ろすというオーソドックスな使い方です。帰りが遅い編集者という職業柄、現金を下ろすのは時間外が多く(しかもコンビニ)、「時間外手数料が多いって、叱られそうで・・・」と言っています。手数料を無料にするテクを伝授しました。


三井住友銀行の場合、いくつかある条件のひとつを満たせば、ATM時間外手数料とコンビニATM利用手数料が無料になります。働く女性なら「Web通帳」にするのが、一番手っ取り早い。インターネットバンキングに申し込み、紙での通帳を発行せずにWeb上で管理するコースを選べばいいのです。


これでSさんは、残業帰りにコンビニでお金を下ろしても無料となり、節約できたATM手数料は何と年間8000円以上!しかも「Web通帳」にしたおかげで毎月の収支をカンタンにチェックできるようになりました。他の銀行も同様のサービスを行っているので、利用している銀行のサイトを開き、「ATM」のページをチェックしてみて。本来の手数料体系と、無料もしくは割引になる条件が出ています。条件は各銀行で異なりますが、インターネットバンキングや、会員制サービスの利用が一般的です。


仕事で使っている口座はみずほ銀行。気がついていないサービスがあるのではと調べてみたところ、ありました、無料になるものが。会員サービスの「みずほマイレージクラブ」に入会して、各種預金の月末合計残高が10万円以上なら、みずほ銀行と主要コンビニのATMの時間外手数料が無料。


残高50万円以上なら、ATMでの他行あての振込手数料が月間3回まで無料になる特典ができたのは知りませんでした。他行あての振込は、3万円以上だと420円もするので、月間3回も無料になるのはとてもうれしいことです。定期預金に50万円あるので、条件はクリア。さっそくみずほマイレージクラブに申し込みました。


三菱東京UFJ銀行は、セブン銀行・ローソン・E-netといったコンビニATMでの平日日中のATM利用手数料を無料にしています。20代、30代は銀行のATMよりもコンビニATMを利用するほうが多いのでいいですね。また、三菱東京UFJ銀行のATMでキャッシュカードを使って振り込みをした場合、同じ銀行なら他支店でも振込手数料はゼロです。


インターネットバンキングでも同様に無料となります。そもそも「三菱銀行、東京銀行、三和銀行、東海銀行」が合併してできた銀行なので、支店数も多いし、「おとりよせ」でお買い物をしたときなど、振込先と指定されている頻度も高いのです。ですから「同行・他支店への振込手数料無料」は、とても便利です。


その他、りそな銀行はインターネットバンキングやモバイルバンキングなどで振り込むと、他行あてが1回100円と安い!りそなは、同行ATM利用手数料が曜日や祝祭日、時間帯にかかわらず「いつでも無料」という、太っ腹なサービスもしています。銀行の各種手数料は、この数年やっとひき下げられるようになってきました。自分の使っている銀行で利用していない新たなサービスや特典がないか、一度チェックしてみましよう。HPで確認できます。