「お給料の何%を貯金するとよいですか?」という質問をよく受けます。「お金に関することで一般論はない」と考えて...

貯蓄型でも掛け捨て部分があるから実際の運用利率はもっと低くなる

20代のOLさんと話をする機会があったので、「どんな商品で貯金をしているの?」と聞いてみました。銀行の積み立てや財形貯蓄を利用している人が多いなか、6人のうち半分が「保険」というのでびっくり。今のような低金利時代に保険でお金を貯めるのは非効率な貯蓄法なのに、ママからのアドバイスを素直に受け入れているようです。その後の飲み会は、保険の仕組みを解説するミニセミナー状態になりました。


保険を貯蓄代わりにしているA子さんは「貯蓄型保険の予定利率は1.5%と聞いて、銀行の定期預金より有利だと思ったから・・・」と言います。確かに大手銀行の定期預金1年ものの金利は0.15%、10年ものですら0.5%ですから、数字だけ見ると1.5%の貯蓄型保険のほうが有利に思えます。でも預金は預けたお金の全額が預金金利、0.15%とか0.5%で運用されますが、保険は支払った保険料のすべてが1.5%で運用されるわけではないため、実際の運用利率はもっと低くなるのです。


まず「付加保険料」は、保険会社の手数料です。「危険保険料」とは、入院給付金や死亡保険金の支払いなど、保険加入の本来の目的である「リスク(危険)」が発生したときのためのお金です。入院する確率、死亡する確率などリスクが発生する確率に基づいて保険料が決まります。「生存保険料」は、ボーナスや満期金などの支払いに充てられるお金です。


保険の種類によって、3つの保険料の構成が異なります。たとえば、定期保険など死亡保障のみの保険のケースだと、「付加保険料」+「危険保険料」の2つ。保険期間中に死亡しなかったら、付加保険料も危険保険料も「掛け捨て」になります。


では、貯蓄型の保険は?ママ世代に入気のあった養老保険を例にとりましょう。これは、満期時に満期金が受け取れ、それ以前に死亡すると死亡保険金が出る商品。保険料は「付加」「危険」「生存」の3つすべてで構成されますが、このうち満期金の支払いのために積み立てられるのは、「生存保険料」のみ。ですから、予定利率1.5%で運用されるのは、おもに生存保険料の部分なのです(養老保険の危険保険料は、予定利率の影響をほとんど受けません)。


付加保険料は、保険会社の経費や利益ですから掛け捨て。満期までに死亡しなかったら危険保険料も掛け捨てです。貯蓄型の保険でも掛け捨て部分があることは、ぜひ知っておきたいことです。今30歳の女性が、郵便局でかんぽ生命の10年満期養老保険、満期保険金100万円に加入すると、月払い保険料が8550円。10年間で、102万6000円支払って、満期金は100万円ですから、貯蓄として見ると元本割れですね。


積み立て部分を1.5%で10年間運用しても、掛け捨て部分があるため100万円にはならないわけです。ちなみに保険会社は、皆さんが支払う保険料の内訳、つまり、付加保険料や生存保険料がそれぞれいくらなのかは明らかにしないのが一般的です。


先の養老保険、予定利率が高かった1990年の契約なら、月払い保険料は7240円、払込総額86万8800円なので、貯蓄になっています。ママ世代はこのときお金を増やしたのです。今から新規加入する個人年金も同様の考え方で、貯蓄としては魅力薄。「低金利時代には保険でお金は貯められない」、これだけはよく覚えておいてください。